MVをつくる人も、CMをつくる人も、Vlogをつくる人も、TikTokerもYouTuberも、映像を仕事にしたい人も趣味にしたい人も、自分の映像表現を高めたい人も、映像好きの人も。 映像で遊んで暮らすために。日本で一番ゆるく真面目な映像あそびコミュニティです。

プロジェクト本文

ーーーーーーーーーーーーーーーー
YP映像大学 2つの校則
ーーーーーーーーーーーーーーーー

1、自分のために映像で遊ぶ

2、もっと映像で遊ぶ

「まずは遊びから。」

どんな大きな仕事をする映像クリエイターも、最初は友達のふざけた様子をビデオにして遊んだり、ネットに落ちてる映像を組み合わせてオリジナルの映像を作ったり、自分のための遊びから始まっています。YP映像大学は映像の楽しさを作りながら発見して学ぶためのコミュニティです。


【映像の楽しさを発見するためのコンテンツ】

❶ 課題曲でのMV制作コンテスト(2ヶ月に1曲)
❷ 有名映像クリエイターを招いてのトークイベント
❸ 一般公開できないMVやCMのメイキング映像の公開
❹ 映像のアイデアやヒントになる事例のメモをシェア
❺ 所属メンバー同士の交流ご飯会

【更に映像であそぶためのコンテンツ】(PROコース限定)

❶ 人の心を動かす企画を描いてみようの会
❷ 画コンテを描いてみようの会
❸ 実際に映像の仕事をやってみようの会
❹ YouTubeでのネットテレビ番組制作
❺ ⬆️Proコース限定のトークルームに招待します!



あとがき

正直、広告代理店の皆さんや制作会社の一部の人からはこの金額でメソッドやノウハウを公開されるのは困りますと言われたりしていますが、映像もカルチャーです。文化です。カルチャーは応援されなければ廃れます。過疎化します。魅力がなくなります。僕にとって映像は人生を照らす光です。映像がみんなに応援され、必要とされる存在でいて欲しいと思っています。なので映像の方法論は一般に解放されて、その上でみんなが何を作るかの議論がされるべきだと思っています。遊びのある映像はキラリと光って誰かの心を照らすことがあります。その光がその人にとって忘れられない大切な思い出になって人生の一部になります。僕はそういう映像を作りたいし、みんなと考えていきたいです。まずは遊びから。ぜひ一緒に映像で遊びましょう!

ーーーーーーーーーーーー

プロフィール

YP /【Twitter】
Forbes が選ぶ【業界を代表する30歳未満のイノベーターにインタビューを行う「NEXT UNDER 30」】に選出

森永乳業リプトンTVCM「夢を追いかける人 編」を当時(20歳)最年少CMディレクターとして手掛ける。

監督を務めた株式会社VAZのWEB CM「JAPANESE BUZZ」は公開から3日でSNS上で1000万再生を突破。

MIYAVI 7度目のワールドツアー“DAY2”にドキュメンタリーディレクターとして帯同。

2018年にはMIYAVI・KREVA・三浦大知のコラボMVの制作も行ない、yonigeやあいみょん、水溜りボンドなど同世代の若手アーティストのMV作品も手掛ける。

コメント

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください