「絶対絶対絶対に上手くなるけん玉スクール」通称コダミラけん玉スクールが……遂にけん玉界初のサロン化決定!!!

プロジェクト本文


▼メッセージ

ZOOMADANKEのコダマンとTokyoDamaGirlsのミライが、1ヶ月間みっちりけん玉をレクチャーするスクール、

「絶対絶対絶対に上手くなるけん玉スクール」通称コダミラけん玉スクールは、2018年1月から12月までで約2ヶ月に一度の開催を経て、第1期生から第6期生までご参加いただいてるスクールです。

コダミラの参加を機に、けん玉界へどっぷりハマる人が続出しております。

けん玉の持ち方から分からなかった初心者が、1ヶ月間でなぜこんなに上手くなったのか

上手くなるだけではなく、なぜこんなにけん玉を好きになったのか、なぜけん玉で人生が変わってきたのかはコダミラけん玉スクールに参加した皆さんにしか分からないと思います。

このスクールは、ただ上手くなるだけではない。

1ヶ月間けん玉と向き合って、仲間とともに楽しく努力し、全員で挑戦した結果……絶対絶対絶対に上手くなる以上の収穫があるスクールなのです。

けん玉仲間がたくさんできて、講師と生徒に強い信頼関係が生まれる。このスクールはこれからきっと日本中…世界中からも注目されるコンテンツとなっていくと思います。

なぜなら、コダミラけん玉スクールが築いてきたものはけん玉界では世界初の仕組みだからです。

この1年間、第1期生〜第6期生まで参加者の生徒の皆さんと本気で関われたからこそ、更にコダミラの可能性を感じました。

そして、皆さんのけん玉に関する興味を広げる助けをしたい、皆さんがけん玉でやりたいことにもどんどん協力していきたい、そして僕らも主体的にみんなと楽しんでいきたい、そんな気持ちを純粋に感じたからこそ、けん玉スクールをサロン化することとなりました。

▼コンテンツ

当サロンは、皆さんがけん玉やけん玉仲間とやりたいことを叶えるサロンです。

サロン内でいろんな企画を出し、話し合い、コダマンとミライが決断し助け実行する!

・けん玉が上手くなるための企画…

例えば、スタジオを借りてひたすらガチ練。

・けん玉にもっと興味を抱く企画…

例えば、工場見学のツアーなど。

・けん玉仲間との交流する企画…

例えば、地方のダマーに会いにいこう!など。

上記の企画等を叶える為にも、リターンをたくさん用意し

新たな企画がサロン内から続々と自発的に出てくるサロンを目指します。


▼リターン 

《オンライン》

Facebookの限定オンライングループへの招待

月一のオンラインけん玉トーク(コダマンミライ参加)

オンラインけん玉動画コンテスト(けん玉関連の景品あり)

サロン内での分科会設置(イベント企画部、オリジナルグッズ部、購買部、映像コンテンツ部 etc…)


《オフライン》

コダマンミライ参加の月一のけん玉オフ会(無料)※渋谷、代々木近辺

月一のけん玉スタジオ練習(無料)※渋谷、代々木近辺

プロのけん玉プレイヤーとの交流(オフ会にて)


▼プロフィール

児玉 健

けん玉パフォーマンスコンビ、ZOOMADANKE、コダマン。日本中、世界中でけん玉パフォーマンスを行い、NHK紅白歌合戦にも2016、2017年と2年連続出演。また数多くのけん玉イベント、けん玉スクールを主催し、フリースタイルの世界大会での公式ジャッジも務める。

Twitter: @kdmn88

森本未来

女優、モデル、けん玉ガールズユニット「Tokyo damagirls」ミライ。ZOOMADANKE、コダマンプロデュースのTokyo damagirlsは、毎週SNSにけん玉動画を投稿することを続け、日本だけでなく世界のけん玉シーンにも影響を与えている。近年は、学童含め初心者を中心としたけん玉スクールも数多く務めている。

Twitter: @mikuminnn

特別予定講師

窪田保(GLOKEN)
コゾロフ(DENDAMA)
taji- & oh!ga(damassy)

▼注意事項

・サロンへのお申込みはコダミラ卒業生限定となります。コダミラ卒業生と確認出来ない場合、退会とさせていただく可能性があります。尚、それまでに発生した料金に関しては返金出来ませんので予めご了承ください。

・本サロン内でのお知らせはFacebookグループを中心に発信いたします。Facebookグループにご参加頂けなかった場合、お知らせが受け取れないことがございますので、できるだけご参加をよろしくお願いいたします。

・他の利用者への誹謗中傷、荒らし行為などに該当する行為があった場合、強制退会とさせていただく場合があります。

・その他規約はCAMPFIRE利用規約に準じます。

 利用規約はこちら→https://camp-fire.jp/pages/term

コメント

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください