2021/04/07 09:31

風テラス・サポーターの皆様


風テラス事務局です。いつも風テラスの活動をご支援いただき、誠にありがとうございます。


コロナ禍での風テラスの活動をまとめた新書『性風俗サバイバル 夜の世界の緊急事態』(ちくま新書)が、4月8日に発売されます!



2020年の一年間、風テラスが行った相談支援、署名キャンペーン、クラウドファンディングなどのソーシャルアクションのドキュメント、及びその過程で見えてきた、夜の世界と昼の世界をつなぐ方法に関する考察を掲載しております。

冒頭部分をnoteで無料公開しております。


サポーターの皆様には、サイン入りの書籍を後程郵送いたしますので、今しばらくお待ちくださいませ!

新書がお手元に届きましたら、ハッシュタグ「#性風俗サバイバル」「#私はここにいます」をつけて、新書の写真やご感想をSNSで投稿して頂けるとありがたいです!Amazonでレビューを書いてくださる方も、大歓迎です。


それでは、今月の活動報告をお届けします。


<現在の相談状況>


★2021年の累計相談者数 721名(2021年1月1日~4月7日現在)


★これまでの累計相談者数 4,994名(2015年10月~2021年4月)


2021年に入って以降、毎月200名超の相談が寄せられる状況が続いております。まだまだ先の見えないコロナ禍の中で、障害や病気、家庭の問題を抱えながら生活に困窮している女性からのご相談が増えています。

大変な時期ではありますが、一人一人のご相談に丁寧に対応していきたいと考えております。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 今月の活動報告


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●食料支援の実施

引き続き、フードバンクにいがた様から食料の提供を頂き、

全国各地の生活に困窮している性風俗で働く女性・母子家庭に

食料を宅配便でお送りする活動を実施しております。

0歳~1歳のお子様のいる家庭向けの食料を詰めたパックも発送いたしました。


今後も、各地域のフードバンクと連携した上で、定期的に食料の配送を実施していきたいと考えております。


皆様からのご支援によって、全国各地の女性に食品を届けることができております。改めて感謝いたします!


●オンラインセミナー『キャストワーク+(プラス)』

源氏名で働く女性のためのオンラインセミナー『キャストワーク+(プラス)』、3月31日(水)には、「ネットの誹謗中傷」をテーマにしたセミナーを開催いたしました。

ゲストに弁護士の坪内清久先生をお招きして、SNSや匿名掲示板での誹謗中傷に対する具体的な対策方法を考えました。

⇒詳細はこちら https://peatix.com/event/1846122/view


●『性風俗サバイバル 夜の世界の緊急事態』出版記念イベントのご案内

新刊の出版に合わせて、オンラインイベントを以下の日程で開催いたします。ご都合がよろしければ、ぜひご参加頂けるとありがたいです。

 *イベントの収益は、風テラスで行っている、生活に困窮している性風俗従事者の女性と子ども(母子世帯)への食料支援のために全額活用させて頂きます。2000円分の参加費で、一世帯に3日分の食料を送ることができます。


●4月23日(金)19~21時 坂本新×坂爪真吾 コロナ禍の路上で生きる ~夜の歌舞伎町、路上で客を待つ彼女たちをどう支援するか~

 コロナの影響で性風俗による収入を失った女性たちの一部は、

「行政や支援団体に相談する」のではなく、

「路上に立って客を取る」=街娼として売春を行う、という選択肢を取りました。

なぜ彼女たちは、コロナの渦中に歌舞伎町の路上に立つという選択をしたのか。

そして、路上に立ち続ける彼女たちを公助につなげるために必要な支援の在り方とは何か。

緊急事態宣言下の歌舞伎町で夜回りを実施していた数少ない支援者の一人である、

NPO法人レスキュー・ハブの坂本新(さかもと・あらた)さんにお話を伺います。


●4月28日(水)19~21時 甲賀香織×坂爪真吾 水商売サバイバル 水の世界の緊急事態

 「夜の街」とひとくくりにされている水商売の世界と性風俗の世界、それぞれの世界で、2020年の一年間、ネガティブな出来事・ポジティヴな出来事を含めて、どのような動きが起こったのか、そして、それぞれの世界は今後どのような方向に向かっていくべきなのか。

「水」の世界の声を集めて、国や社会に対して様々なソーシャルアクションを起こした一般社団法人日本水商売協会代表理事の甲賀香織さんと、「風」の世界で約三千人の女性の相談支援を行った風テラスの坂爪真吾が、コロナ禍の「夜の街」の一年間、そしてこれからの展望を語り尽くします。


●5月6日(木)19~21時 石井光太×坂爪真吾 コロナ後の「夜の街」はどこへ向かうのか

歌舞伎町ホストクラブの50年間を描いた石井光太さんの『夢幻の街』、そして2020年の1年間、コロナ禍の夜の街で起こった出来事を描いた『性風俗サバイバル』、線(50年間)と点(1年間)、二つの異なる視点から、夜の街の人々がこれまでどのように生き延びてきたのかを振り返りながら、アフターコロナの時代、私たちの社会が夜の街とどのような関係を築いていくべきかについて考えます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 編集後記(風テラス発起人・坂爪真吾)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

新刊『性風俗サバイバル』、無事に刊行することができ、ホッとしております。

2020年の一年間、皆様のご支援で、全力でコロナ禍の夜を

走り抜けることができたために、書き上げることのできた一冊になります!

お手元に新書が届きましたら、ぜひご感想をお知らせ頂けると嬉しいです。


それでは、今月も風テラスをよろしくお願いいたします!


==========================


 発行 風テラス事務局(info@futeras.org)


・HP https://futeras.org/


・LINE ID futeras  ・LINE公式 @futeras


・Twitter @futeras ・Instagram futeras_org


●風テラスの活動を応援してくださるサポーター募集中!(月額500円~)


 https://camp-fire.jp/projects/view/95841


●寄付金のお振込み先口座


 ゆうちょ銀行  【記号】11200 【番号】40623041  【名義】フウテラスキキン

 *他金融機関から、ゆうちょ銀行へお振込みの場合

 【店名】一二八(イチニハチ)  【店番】128 普通預金 【口座番号】4062304


●取材依頼・寄付金の領収書発行などのお問い合わせは、風テラス事務局(info@futeras.org)までご連絡ください。

このアクティビティが気に入ったら、
シェアしてみませんか?

コメント