2020/03/06 21:00

みなさんこんにちは。
帝国防疫省陰謀疫学課の石井です。(石井かよ!)
COVID-19(通称新型コロナウィルス)に対する見解と対応を発表します。

COVID-19の危険度についての見解
・3月5日現在の国内の状況は、患者数276名、退院数32名、死亡者数6名となっています。
・一方、インフルエンザの例年の感染者数は国内で推定約1000万人いると言われており、死亡数は数百人~3000人超(2018年)となっています。ただしこれは感染の後に起こる細菌性肺炎や心筋梗塞など別の原因で亡くなるインフルエンザ関連死と呼ばれる死亡を含んだものです。
・COVID-19は重症化する割合は低いものの、重症化した場合はウイルス単体で治療の困難なウィルス性肺炎を引き起こします。
・上記内容から、COVID-19は健康な成人には影響がないものの、なんらかの理由で体力の落ちている人間にとって危険な病気であると現段階では判断します。

◎3月13日の手刀出演での対応。
廻天百眼では上述の見解を踏まえ、3月13日の廻天百眼のショウステージを、百眼帝国の限定記事として全編公開することとします。
体調に不安のある方は無理せず外出せず、どうぞこちらの配信を愉しみにお待ちください。

◎謝辞
ステージの公開を快諾してくれた西邑卓哲、柚木成美、辻真梨乃、伊井ひとみ、大橋桃佳、そして池袋手刀のみなさん、ありがとうございます!


◎石井飛鳥の陰謀論的見解
思ったより真面目な発表になってやれやれだぜ。
ステージは夢を見に行く場所、だから現実の事象に左右されるのはどうかと思いますが、風邪をひくとつらいのでどうぞご自身の体調とご相談の上ご参加ください。

少しでも夢のある話をすると、今回のCOVID-19は武漢ウィルス研究所で周鵬博士が2009年から研究していた免疫経路を回避するウィルスで、STING経路への遺伝子操作が行われています。2019年9月にコウモリを媒介して研究所から流出しており、これに対して昨年9月、WHOは36時間以内に6000万~8000万人を殺すウィルスが蔓延するという謎の警告を出しています。また、その1ヶ月後にビルゲイツ財団が、「次のパンデミックはコロナウィルスによるもの」という謎のレポートを提出しています。わあい!

手洗いうがいして酒呑もう!

このアクティビティが気に入ったら、
シェアしてみませんか?