2022/07/05 07:00

本イベントの視聴申し込みはこちら
PLANETS CLUBの会員は無料でご視聴いただけます。

今回のゲストは批評家・酒井信さん。
新刊『現代文学風土記』を題材に、中上健次、カズオ・イシグロ、村上春樹、角田光代、伊坂幸太郎、東野圭吾、三浦しをん、西村賢太、青来有一、吉田修一、桜木紫乃など、数々の現代日本文学作品とそれらが描かれる「土地」「風土」との関係を考えます。

▼登壇者

酒井信(批評家)
1977年生まれ。明治大学国際日本学部准教授。早稲田大学卒業後、慶應義塾大学政策・メディア研究科後期博士課程修了。博士(政策・メディア)。著書に『現代文学風土記』『メディア・リテラシーを高めるための文章演習』など。

司会:宇野常寛(評論家・PLANETS編集長)
1978年生まれ。評論家として活動する傍ら、文化批評誌『PLANETS』を発行。主な著書に『ゼロ年代の想像力』(早川書房)、『リトル・ピープルの時代』(幻冬舎)、『日本文化の論点』(筑摩書房)、『母性のディストピア』(集英社)、『遅いインターネット』(幻冬舎)ほか多数。
新刊に『水曜日は働かない』(ホーム社)


▼PLANETS CLUBへの参加はこちらから


このアクティビティが気に入ったら、
シェアしてみませんか?

コメント