2022/04/28 21:40

「とりあえずお酒を飲みに行く」こと以外の大人の遊びを考える「飲まない東京」プロジェクト。毎月1回、発酵デパートメント代表の小倉ヒラクさんとともに、ノンアルコールドリンクの可能性を探るトークイベントを開催しています。

5月は、日本茶ブランド・EN TEA代表の丸若裕俊さんをゲストにお呼びして、「喫茶文化」のアップデートについて話し合います。仕事終わりの「打ち上げ」的なコミュニケーションではなく、普段の生活の隙間に入り込んで暮らし全体のペースを整える。そんな「飲み物」のあり方について、あえて金曜日の夜に議論します。


【開催日時】

2022年5月27日(金)

19:15 開場(受付開始)
19:30 開演(丸若さんを交えたトーク) ※配信あり
20:15〜 ゲストトーク終了


【開催場所】

発酵デパートメント(下北沢)

東京都世田谷区代田2丁目36−15(Google Map)


【参加方法(会場のリアル参加)】

クラブメンバーの方は参加費無料です。

申込方法は、メンバー限定のFBグループにてご案内します。

5月2日(月)お昼12時より、受付開始予定です。

※座席数は少なめなので、お早めに!


【オンライン配信もあります】

ゲストトークの様子は、クラブメンバーの方向けにオンライン配信(生放送・アーカイブ)を予定しています。

こちらも限定グループにてFacebook LIVE配信します。


▼登壇者プロフィール

丸若裕俊(EN TEA代表)

東京生まれ横浜育ち。経営工学を専攻し大学卒業後、アパレル勤務を経て、2010年に株式会社丸若屋を設立。伝統工芸から最先端の工業技術まで今ある姿に時代の空気を取り入れて再構築。「モノづくり・コトづくり」「商品開発」など、視点を変えた新たな提案を行う。2016年より、畑から世界の市場を目指す日本茶事業を始動。


小倉ヒラク(発酵デザイナー)

「見えない発酵菌たちのはたらきを、デザインを通して見えるようにする」ことを目指し、全国の醸造家や研究者たちと発酵・微生物をテーマにしたプロジェクトを展開。東京農業大学で研究生として発酵学を学んだ後、山梨の山の上に発酵ラボをつくり日々菌を育てながら微生物の世界を探求している。アニメ『てまえみそのうた』でグッドデザイン賞2014を受賞。著書に『発酵文化人類学』。YBSラジオ『発酵兄妹のCOZY TALK』パーソナリティ。


宇野常寛(評論家・PLANETS編集長)

1978年生まれ。評論家として活動する傍ら、文化批評誌『PLANETS』を発行。主な著書に『ゼロ年代の想像力』(早川書房)、『リトル・ピープルの時代』(幻冬舎)、『日本文化の論点』(筑摩書房)、『母性のディストピア』(集英社)、『遅いインターネット』(幻冬舎)ほか多数。


▼「飲まない東京」プロジェクトとは? 

「お酒を飲まなくて「も」楽しい街」がコンセプトです。ときに昭和的な古い働き方や女性蔑視の温床として批判される「飲み会」から離れて、余暇を楽しむことがもっとあっていいと思いませんか? PLANETSCLUBは「飲まない東京」プロジェクトと題して、お酒を飲まない「あそび」「たのしみ」の可能性を追求します。編集長・宇野による「飲まない東京」プロジェクトについての記事はこちら


▼PLANETS CLUBへの参加はこちらから。


このアクティビティが気に入ったら、
シェアしてみませんか?

コメント