2022/03/24 20:00

3月18日に開催した、飯田美樹『カフェから時代は創られる』を課題図書とした読書会の模様をメンバー限定の動画共有サイト内にアップロードしました。本書を読んだ方はもちろん、まだ読んでいないという方も冒頭のメンバーによる要約発表を聞けば概要は掴めますので、ぜひご視聴ください!

※会員の方はこちら(Facebookページ)から視聴方法をご確認ください。


▼課題図書『カフェから時代は創られる』概要(Amazonより引用)

20世紀初頭、パリ。カフェは異端者たちの避難所だった。
政治、文学、哲学、絵画、あらゆる領域で、それまでの枠組みに収まらない、新しい感性をたぎらせる者たち。ただしそうした時代を先取りした「異端者」たちへの、社会からの風当たりもまた強かった。彼らが自然と集うようになったのがカフェだった。コーヒー代さえ支払えば、身分や社会的立場に関係なく誰でも受け入れてもらえ、何を考え、それをどう表現しようが、誰からも何も言われない──彼らの求める自由が、そこにはあったからだ。
ピカソ、ヘミングウェイ、アンドレ・サルモン、モディリアーニ、藤田嗣治、マン・レイ、サルトル、ボーヴォワール……。
カフェをつくる者、カフェに通う者、カフェを愛するすべての者たちへ、100年前のパリから贈られるメッセージ。「カフェから時代は創られる」のだと、混迷する現代に、一筋の光明を示す一冊。


▼PLANETS CLUBへの参加はこちらから


このアクティビティが気に入ったら、
シェアしてみませんか?

コメント