2019/12/25 15:58

PLANETS CLUBで人気のイベント「棚を読む」。今回は、先日大阪で開催された「棚を読む&おすすめの1本」を、企画者である松本さんにレポートしていただきます!

***

この企画は、11月の大阪オフ会「棚を読む」 & 「おすすめの1本」がきっかけで開催されました。前回はMARUZEN &ジュンク堂書店梅田店でしたが、今回の舞台は、古本屋さんが多い大阪昭和町界隈。ここでなら、また違った楽しみ方を見つけられるのではないか、といった話が持ち上がったからです。

当日は、集まった方々と挨拶もそこそこに、目的の古本屋さんへと向かいました。

画像1

1件目の古本屋さんでは、頭の上まで並ぶ本の中から、思い思いの本を手に取って、皆さんは、すぐに自分の世界へ。

懐かしい本を見つけて思い出が蘇ったり、何年分も並んでいる雑誌に驚いたり、本の発行日が昭和30年代であることに気づいたりと、古本屋さんならではの楽しみ方になりました。

画像2

画像3

2件目に伺った古本屋さんは、店内に小さな箱がたくさん並んでいます。その小さな箱ひとつひとつに「店長さん」が大勢いらっしゃって、ひとつの古本屋さんになっているのです。

箱に添えられたメモを読んでみたり、その箱の店主さんを想像してみたり、趣味が合うかもと思ってみたり、ゆっくりじっくりと棚(箱?)を読んでいきました。

「棚を読む」の後は、宇野さんが提唱されている「観光しない京都」に影響を受けて、「観光しない大阪」といった趣で、街歩きを楽しみました。

④と⑤

昭和33年に建てられたレトロビルや、長屋を改装したレストランを見学したり、商店街を歩いてみたり、この街に住む方にお話しを伺いながら巡っていきました。

⑥と⑦

さて最後は、レトロな雰囲気のお店で、「おすすめの一本」の時間です。

⑧と⑨

本や音楽や舞台などジャンルを問わず、それぞれが紹介したいものを熱く語る「おすすめの一本」は、皆さんからのおすすめしたい気持ちや、好きな思いが伝わってきて、その熱量を感じるだけでも、参加して良かったと思えるほどです。

画像7

画像8

なんと今回は、東京からの参加者さんも! オンラインサロンならではのつながりも感じられた時間になりました。


(文・写真:松本寛子、清水千佳)

このアクティビティが気に入ったら、
シェアしてみませんか?

コメント