2020/09/08 14:43

はじめまして!MiraEats〈ミライーツ〉運営事務局の大山です。

会員になっていただいた皆様、ありがとうございます!

皆様にとって有益な情報をお届けできるようアクティブに更新していきますので何卒よろしくお願いいたします!


【なぜ(MiraEats〈ミライーツ)を始めようと思ったか。】

まず最初に、なぜ私がこういった会員コミュニティを始めようと思ったかについてお話ししたいと思います。

私は2014年より、飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースメディア「フードスタジアム」の代表を務めてまいりました。

年間1000軒を超える飲食店さんを訪れ(体張ってます!笑)、外食店経営者との交流を通じて、飲食マーケットを間近でウォッチしてきました。


その中で、飲食業界を応援する立場として、情報の中心にいる立場として「あり方」を強く考えるようになりました。

「もっとこういうのがあったらきっと飲食店さんもサポーター企業さんも便利だろうな」と構想したのが、この会員コミュニティMiraEats〈ミライーツ〉でした。


・飲食オーナーの方々は、業態開発、メニュー開発、スタッフ管理、資金繰り、近隣付き合い等、とにかく忙しいので、有益な情報を入手することはなかなか難しい・・

・飲食店スタッフの方々は、日々の忙しい業務の中クタクタ。お店と家の往復で・・有益な情報を入手することはなかなか難しい・・

・飲食サポーターの方々は、お取引様めぐりや新規のお客様先訪問などで手一杯で・・有益な情報を入手することはなかなか難しい・・

こんな、皆さんの課題をなんとか解決したい、それこそが私がこのコミュニティをスタートするに至った経緯です。


【飲食ビジネスは=情報ビジネスです。】

ただ、このトレンドの移り変わりが激しい世界屈指の日本の飲食ビジネスはまさに=情報ビジネスである、ということは疑う余地もありません。

情報を持っていない人は、持っている人には絶対に勝つことができません。

情報は欲しいのに持っていない、手に入れる術を知らない、というミスマッチをどうにか解消したい、そう思ったのがMiraEats〈ミライーツ〉立ち上げの真相です。

「余計な遠回りをして欲しくない」

そんな想いでより役に立つ情報をお届けし続けていきます。


【FOODから、EATSの時代へ。よりボーダレスに。】

またこの近年で大きく変わったこと、インターネットの普及によって、エンドユーザーは口コミサイトやSNSでお店を検索する時代となりました。加工技術、輸送技術、テクノロジーの進化によって、お店に行かずとも価値ある食材やプロの料理を場所を選ばず楽しむことが容易になりました。美味しいものを食べに安価で、そして短時間で旅行に行くことができるようになりました。まさに、さまざまな産業がボーダレスにつながる社会になったのです。

飲食店においては、FOOD(業種・業態)のみではエンドユーザーのニーズを満たすことのできない時代となり、EATS(食べることで特別な体験や記憶の価値に)アプローチをしなければ選ばれない社会へと時代は移り変わりました。

ただ

一番上の図で示したように、さまざまな産業の中心に「食 eats」が存在していることは言うまでもないことです。それだけ重要で未来を作れる産業であると私は思っています。(この辺りのお話は長くなりますので、また今後にしっかりと・・・笑)


これからの飲食・食に携わるすべての方々は、自分が身を置く業界だけでなく、より幅広い知識と情報を持たねばならないと考えています。

私達のみならず、私がこれまでに培ってきた各界の有識者、IT業界の方々、士業の方々、生産者の方々、地方・海外経営者の方々、専門領域の方々とも連携をして、未来の飲食店経営にとって有益な情報をどこよりお早くお届けしていきます。


未来の「食 eats」をクリエイトする MiraEats〈ミライーツ〉

是非ご期待いただけますと幸いです。よろしくお願いいたします。


MiraEats〈ミライーツ〉運営オーナー 大山 正

このアクティビティが気に入ったら、
シェアしてみませんか?

コメント