2021/04/25 21:38


みなさん、こんにちは!


戸塚菜雪です︎︎︎︎☺︎




今回初めて記事を書かせて頂きます!




なので自己紹介も兼ねて、

私がどんなバレエ人生を送ってきたのか、



みなとシティバレエ団に入団するまでを

何回かに分けて書いていきたいと思います!








私は8月にこのバレエ団に入団し、バレエダンサーになりました。





初回の今日は、そんな私の幼少期のお話です!






私がバレエを始めたきっかけは、猫背だった私を母が心配したこと(笑)



きっと多くの人が習い事を始める年中さん、4歳の時です。





母は何か打ち込めるものを持って欲しかったそうで、私は他にもスイミングやピアノ、書き方教室、合唱などを習わせて貰いましたが、

長く続いたピアノでも中学で辞めてしまいました。







幼稚園の間だけでもいいからやってみようと言われ、

幼稚園のお友達がバレエを習っていたので、私も同じところで始めることに!





実は最初に習っていたのはモダンバレエのお教室でしたが、


小学校に上がる頃、姉がバレエを始めたのをきっかけに、


私もトゥシューズ履きたい!と言ったので、一緒にクラシックバレエのお教室に移りました。




バレエ少女と言えば、バレエ大好き!将来の夢は迷わずバレリーナ!というイメージですが、私は少し違っていて、なんだか現実的な子どもでした(笑)



バレリーナは大変だからやめとく。と言っていたのを今でも覚えています、、。









そんな私ですがバレエが好きじゃなかった訳ではありません!





家でもいつも踊っていたし、寝ながらバーレッスンしていたこともあったそうです(笑)




母はそれを見て、この子はバレエが好きなんだなぁと思い、続けさせたそうです!








学校から帰って友達と公園で遊び、自分だけ途中で抜けてレッスンに向かう。



小学校の間はそんな生活をしていました。


タフですね(笑)






当時あまり自覚がありませんでしたが、バレエが好きだったから出来たんだなぁと思います。









小さい頃からあまり表情に出ないタイプだったので、バレエが大好きで楽しんで踊っていても周りからはそう見えず苦労したこともたくさんありました。



この写真も精一杯笑っているつもりでした^^;




私の場合、表現の仕方が分からなかったんです。




だから見極めるのは難しいことですが、笑ってないから、楽しそうじゃないからこの子はバレエが好きじゃない、楽しくないんだと決めつけないで欲しいなと思います。







そんな幼少期を過ごした私。



無自覚にバレエが大好きで現実主義な、ちょっと変わった子どもでした(^^)






次回はいよいよプロへの道を意識し始める中学、高校時代のことを書いていけたらと思います!




それではまた♪






戸塚菜雪のTwitter/Instagram

戸塚菜雪を支援する



このアクティビティが気に入ったら、
シェアしてみませんか?

コメント