2020/11/04 17:57

こんばんは!

一原紗羅です。


11月1日の公演、沢山のあたたかい応援もあり、無事に終演することが出来ました。



SNS等で話してはいますが、今回の公演は1部2部に分かれダンサー全員が音響・照明、そしてオンラインでも配信していたので配信・カメラなど裏方も全て自分たちで行いました。

初めての試みにみんな慣れず、最初はドタバタしていましたが本番は大きな問題なく良い舞台になったのではないかと思います。


私は今回オンライン公演のための配信スタッフの担当だったので、普段中々見られないオンライン配信の裏側についてお話したいと思います。


まず、今回オンラインで観賞するお客さんはZoomに入って公演を見てもらうスタイル。

私たちは配信を行うメインのPC音声を共有して音楽を届けるためのPCと2台使って配信を行いました。


写真奥が配信用、手前が音響用PCです。


全てを環境音としてそのまま届ければ簡単ではあるかもしれませんが、そうするとスピーカーを通すので音質が落ち、さらに会場全ての雑音も入る訳ですから見ている人はメインの踊りに集中出来ないですよね。

なので、環境音は全く拾わずクリアな音楽を届けられるように音響用のPCもZoomに入って音声共有しながら配信する事にしました。


また、今回の公演は踊りの合間に4回ストーリー解説等のアナウンスがありました。

それも普通は環境音で拾ってそのまま配信すると思いますが、マイクって結構遠いと聞きづらかったりキーンとなってしまったり、思わず耳を塞ぎたくなってしまう事ってありますよね、、

それを防ぐため、アナウンスをする奈津子さんにピンマイクを付け、もう片方のレシーバーをATEM Miniに繋ぐ事で声を近くでクリアに拾い、違和感なく見ている人に届けることが出来ました。


ATEM Mini


カメラは今回2台。

◉正面から全体を写す定点カメラ…SONY α6400(標準レンズ)と

◉斜めから近さを調節する追従カメラ…SONY α5100(広角レンズ)


これらのセッティングも行いました。

主にバッテリー管理・画角調整・撮影モード・F値・露光量の調節・フォーカス設定、、等です。

全く同じカメラではないので、ボタンの位置が違ったり、操作の仕方も違い、把握するのに少し時間がかかりました。


そしてその2台をHDMIケーブル、MiniHDMIケーブルでATEM Miniに繋ぎ、それをシーンごとにスイッチングしながらZoomの画面に写し出す。

追従カメラはカメラ担当の人が行い、私はスイッチングと何か問題があった時に駆けつけて解決する担当でした。



配信に使う機材、特にケーブル類は本当に数が多く、頭の中でどことどこが繋がっているのか、回線図を理解していないと問題が起きた時に解決出来ないので、そこを理解するのが大変でした。

というか、まだまだ理解出来ていない事が沢山あります、、

そういったトラブルが起きた際に冷静に分析してパパッと解決する事が出来るよう、もっと勉強しなければならないと痛感しました。

でもポジティブに考えるとそういったトラブルを体験する事で、次回は防ぐ事が出来たり、そうなってもすぐに対応出来るようになりますよね。

例えば今回ケーブルとカメラの接続部分が緩く、しっかりと刺さっていなかったという事がありましたが、次回からは途中で抜けてしまわないよう最初からテープで固定しておくなど新たな対策が見つかりました。



私は今回基本的に

・機材、ケーブルのセッティング

・Zoomのセッティング(メインPC、音響用PC)

・2台分のカメラの設定(先程話しましたが、これだけでも沢山ありましたね、、)

・音楽、マイクの音声チェック

・Zoomの入室管理

・カメラのスイッチング

・マイクのON、OFF

・カメラ、マイク、PCのバッテリー確認、交換


など1人で沢山の作業を行わなければならなかったので、本当に心も体もずっとバタバタしていて、公演が始まる前から終わるまで、ずっと心臓から口が飛び出そうなくらい緊張していました笑

これを私や晴花ちゃんだけでなく、みんなが出来るようにならなければならないので、またダンサー内で講習会のようなものを行う機会を持ちたいと思います。


今のこの時代、機械や配信に強いとどこに行っても重宝されるので、知っていて損はないどころかいい事しかありません。

みんなが出来るようになってオンライン日本一、いや世界一のバレエ団になれるよう、もっともっと回数重ねていきたいと思います!



そして今回コミュニティメンバーの中から写真撮影や配信などを担当し、一緒に舞台を作り上げてくださった方もいました。

本番Zoomに入って、音声や画面に乱れがないかなど細かくタイムリーに伝えてくださった見守り隊の皆さんも。

配信中、心の支えになりました。本当にありがとうございました!

こんな事、普通のバレエ団では出来ない事です。

至近距離でダンサーと関わり、さらにその一員として舞台制作にも携わる事がみなとシティバレエ団公式コミュニティに参加すれば可能になるのです。


コミュニティ参加はこちらから


長くなってしまいましたが、今回関わってくださった皆様、見に来てくださった皆様、本当にありがとうございました。

12月も2回舞台がありますので、2020年最後まで走っていきます!

寒くなってきましたので体調管理に気をつけて健康にお過ごしください。


最後までご覧下さりありがとうございました。




一原紗羅の Twitter / Instagram

一原紗羅を支援する


このアクティビティが気に入ったら、
シェアしてみませんか?

コメント