2020/06/01 17:30

皆さん、こんにちは。

みなとシティバレエ団 千葉美南海です。


今回は新作製作について、少し記事を書きたいと思います。

6月7日の公演で、私は…ドンキホーテ3幕より

《キトリのバリエーション》

主催の先生振付けによる

《into the light》《Merry Go Round》

の3作品の他に、今回の為に振り付けた

《Soli》という計4作品を踊らせて頂きます。


このSoliはイタリア語で【太陽】という意味にあたるもので、曲の題名をそのまま作品名にしました。

団長の岡脇柚太加さんと共に製作し、一緒に踊ります。

切なく、しっとりした曲ですが…その中に希望を見出し太陽のように昇っていくイメージで作りました。


今回の新型ウイルスで、世界中の沢山の方が犠牲になり、日常生活を送れず店を閉めなくてはならない人。

そして芸術もまた、多くの人が集まる劇場は公演が出来ず沢山の舞台が中止となりました。

本当は6月6日に、《御茶ノ水クリスチャンセンター》でパフォーマンスをする予定で、そこに向けて創った作品だったのですが、私たちみなとシティバレエ団もコロナウイルス拡大防止の観点から4月4日、そして大事をとって6月6日と2回の公演を自粛することになり…

6月7日の公演で初めて世に、舞台に出すことになりました。

この《Soli》は、私が踊る女性側が希望を失い下を向いている。

団長が踊る男性側が私を引き上げ、前を向かせてくれるという役割を表現しています。

色で例えるなら、白(団長)と黒(私)のイメージ。(団長の衣装は全身黒色なのですが!笑)

今までは、私が白いイメージ…暖かい日の光のような雰囲気を踊る事が多かったのですが、今回はあえて真逆にしてみました。

暗く堕ちているところから、上を向いて昇っていく、、、そんなイメージを踊りの中で出せたらと思っています。

冒頭にも書きましたが、昇らない日(太陽)はありません。

それは人生に於いても同じだと思っています。

今は、誰もが厳しい辛い状況の中にあるかと思いますが、前を向いて歩み続ければ今の状況から抜け出し、また進んでいける。


今回の6月の公演は、無観客ですがコミュニティメンバーの皆さんは生配信を観られます!

少しでも多くの方の、心に触れ希望となりますように心を込めて踊ります!!


千葉美南海のTwitter/Instagram

千葉美南海を支援する

このアクティビティが気に入ったら、
シェアしてみませんか?

コメント