2020/07/11 23:03

勉強を強いられてやることである、正解がある、というある種の概念で捉えていると結構辛いです。

というのは、人生一生勉強というわりとそれが普通だと思うのとそうでないと、ストックだけで生きるわけですがそのストック切れたら?そう学習して再度積むことが求められるからです。

もちろん強迫観念的に「勉強しなきゃ」→「できてない」は、別の意味で辛いですけど、そこまではいかなくて、何かを得たり、学んだり知ることがたのしいのだ、と思えるくらいにしておく、ストレッチしてほぐしておいて、機があれば学ぶということですね。

僕のやり方として、仕事や依頼ありきではないですが、伸ばしたい分野があれば本を買って集中的に学びつつ、そこから広げていくというのがあります。わりとベーシックですが、とはいえこの方法が良いのは、自分の興味から入って自然に面白がって学べることでしょう。

意味付けの仕方を間違えると、本を読むことすら嫌になってできないですしね。

アイデアもそうな気がしていて、アイデアに対する意味づけ、期待値や何を解決してくれそうかなどを設定を間違えるとなかなか悲惨なことになりますね。魔法ではないですし、本当に小さな役に立つかもしれないヒント、そんな感じがいいかもしれないですね。

このアクティビティが気に入ったら、
シェアしてみませんか?

コメント