2018/06/03 09:51

CafeGattoは里親募集型の保護猫カフェです。
皆それぞれに、生きてGattoにいるバックストーリーがあります。
クロジはGattoのスタッフが保護した子です。

**********
クロジとの出会いは突然でした。

外はすでに薄暗くなり始めていた夕方頃、
スタッフが愛犬きなこと散歩をしていると、
どこからかかすかに何かの鳴き声がしたような・・・。
鳥が鳴いたのか?
と思い、また歩みを始めると、
やはり何かの声がする。
まさか猫?
声がする方へ1歩ずつ1歩ずつ近づいていくと
草木が生い茂った道の脇に、黒っぽい塊を見つけました。

仔猫だ!!
まだ生後1~2週間程の黒猫2匹がそこにはいました。
すでに1匹は息絶えていましたが、もう1匹は「助けて~」と
必死に訴えていたのでしょう。

それがクロジでした。


家に連れ帰り、
キャリーケースの中で缶詰をあげると
必死に食いついていました。
食べ終わるとキャリーの中で、
なんとかよじ登ろうと必死。
保護した時からやんちゃっぷりを
発揮していたように思います。

でも、手のひらサイズの小さな体には
ノミやダニがいっぱい。
クロジの体をシャンプーし、
この通りスッキリ。


実はちょうど同時期にクロジよりも
1~2週間早く生まれたであろう子猫4匹とその母猫を保護。

もしかしたら
一緒に母猫の母乳をもらいながら
兄弟のように
日々過ごせるかもしれないと思い、
対面させました。


缶詰は食べるものの、
クロジはやっぱりお母さん猫の
お乳をまだ飲みたかったのでしょう。


一緒に母猫さんのお乳を吸いに行っていました。
母猫の包容力に感動しながらも、
なんとか一緒にデビュー前まで過ごせると少し安堵しました。


本当の兄弟のように
仲良く育った5匹は
2カ月後一緒になし組デビュー。


子猫たちというのは
なし組の きくじ・つくし・みつば・わらびです。


今ではすっかり、なし組で駆け回っているクロジ。
食欲も旺盛、わんぱく、かけっこ大好き。
でも甘えん坊。

そんなクロジの家族になりたいという方は
是非スタッフまで。     


先に天国に逝ってしまった兄弟猫の分まで

幸せになろうね、クロジ。

このアクティビティが気に入ったら、
シェアしてみませんか?

コメント